• TOP>
  • お知らせ>
  • 大城彩香先生(H27)の症例報告がDiabetes Obesity and Metabolism に掲載されました!

お知らせ

2021.02.05

大城彩香先生(H27)の症例報告がDiabetes Obesity and Metabolism に掲載されました!

大城彩香先生(H27)の症例報告がDiabetes Obesity and Metabolismに掲載されました!

永続新生児糖尿病に対しSU剤とDPP4阻害薬を用いインスリン離脱に成功した世界では2例目、日本を含むアジアでは初めての報告です。

新生児糖尿病は生後6か月以内に発症する遺伝子変異を伴う糖尿病であり、インスリン治療に加えSU剤が有効ですが、 病歴が長くSU剤投与が遅かった症例に関してはインスリン離脱が困難な場合も多いとされています。

今回、20年以上と長期の病歴を有し、高用量のインスリン・SU剤使用にも関わらずコントロール困難であった症例に対し、DPP4阻害薬を追加することによりインスリン分泌の著明な改善を認めインスリンの離脱に成功しました。DPP4阻害薬は新生児糖尿病患者にとって有用である可能性が示唆されました。 

pubmed https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33464705/

ジャーナルサイト https://dom-pubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/dom.14318