お知らせ

2019.04.08

令和元年に向けて

4月1日には新元号が発表されましたが、それと同時に新年度となり新しい先生が九大病院に赴任しました。

平成28年にシドニー大学 ジョージ研究所 The George Institute for global health へ留学された大隈俊明先生(H17卒)が帰国され、九州大学の助教として赴任しました。

また、東大樹先生(H27卒)も大学院に入学し、今後福岡県糖尿病患者データベース研究(FDR)にたずさわる予定です。

大学スタッフだけでなく関連病院の先生方も異動が多く、新しい環境の方も多いと思います。平成が終わり、新しい年号「令和」に向け、心機一転頑張っていきましょう!