• TOP>
  • お知らせ>
  • 大隈俊明先生らが執筆した論文がPLoS Oneに掲載されました!

お知らせ

2024.05.23

大隈俊明先生らが執筆した論文がPLoS Oneに掲載されました!

大隈俊明先生らが執筆した論文がPLoS Oneに掲載されました!

 

日本人2型糖尿病患者において、睡眠時間の短縮や長時間化により便秘の可能性が高くなることが示され、日常の臨床実践における睡眠時間の評価の重要性が示唆されました。

 

Sleep duration and its association with constipation in patients with diabetes: The fukuoka diabetes registry

Journal    https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0302430

Pubmed   https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38776319/