• TOP>
  • お知らせ>
  • 大隈俊明先生の論文がJournal of Diabetes and its Complicationsに掲載されました!

お知らせ

2021.01.19

大隈俊明先生の論文がJournal of Diabetes and its Complicationsに掲載されました!

大隈俊明先生の論文がJournal of Diabetes and its Complicationsに掲載されました!

糖尿病研究室と関連施設で行っている前向きゲノムコホート研究、福岡県糖尿病患者データベース研究(FDR)からの報告です。 糖尿病患者において排便回数が少ない程HbA1cが高値であり、排便状況と血糖コントロールの関連が示唆されました。 Journal of Diabetes and its ComplicationsのEditorialに取り上げられており、注目度が高い論文となっております。

Toshiaki Ohkuma, Masanori Iwase, Hiroki Fujii, Hitoshi Ide, Yuji Komorita, Masahito Yoshinari, Yutaro Oku, Taiki Higashi, Udai Nakamura, Takanari Kitazono

Defecation frequency and glycemic control in patients with diabetes: The Fukuoka Diabetes Registry

pubmed         https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33127269/

ジャーナルサイト       https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1056872720305328