• TOP>
  • お知らせ>
  • 【論文紹介】2型糖尿病患者における 喫煙とCKDの関連 Fukuoka Diabetes Registry

お知らせ

2016.12.01

【論文紹介】2型糖尿病患者における 喫煙とCKDの関連 Fukuoka Diabetes Registry

Effects of smoking and its cessation on creatinine- and cystatin C-based estimated glomerular filtration rates and albuminuria in male patients with type 2 diabetes mellitus: the Fukuoka Diabetes Registry

Toshiaki Ohkuma, Udai Nakamura, Masanori Iwase, Hitoshi Ide, Hiroki Fujii, Tamaki Jodai, Shinako Kaizu, Yohei Kikuchi, Yasuhiro Idewaki, Akiko Sumi, Yoichiro Hirakawa and Takanari Kitazono, Hypertension Research 39, 744-751 (October 2016)

 

第二内科糖尿病研究室と関連施設で行っている前向きゲノムコホート研究、福岡県糖尿病患者データベース研究(FDR)から新たな論文が英文誌に掲載されました。

当研究室の大隈俊明先生(豪州ジョージ国際保健研究所へ留学中)の論文です。

 

FDRの男性2型糖尿病患者を対象に、喫煙とCKDの関連をみた横断研究です。

 

CKDの頻度は、喫煙量の増加とともに高まる一方、禁煙後の年数が長くなると低下しており、CKDに対する喫煙の影響は可逆性である可能性を示唆しました。

 

http://www.nature.com/hr/journal/v39/n10/full/hr201651a.html